尾崎牧場のこだわり

尾崎牧場の取り組みとそのこだわりの紹介です。

循環型農業のとりくみ

尾崎氏が研修していたアメリカの牧場は、砂漠の中にありました。畑に散布する水、牛に飲ませる水は購入し、3000haの農地に散布する水代、電気代で10億円程にもなっていたと言います。15ヶ月間同じ牧場にいる間に20日前後しか雨が降らなかったといいます。水を散布しないと砂漠に戻ってしまうからです。牧場のある宮崎は、一年中温暖で雨が多く、農地を野放しにすると草ボウボウになります。考え方を変えてみると、神様が南九州の大地を活かして「楽をして草を作って牛を飼いなさい」と言っているのではないかと思ったと言います。帰国後、農地を買ったりまた農地を借りたりし、牧草作りに着手しました。尾崎牛からできる堆肥は完全無農薬です。その堆肥を畑に帰し、牧草を作り、その牧草を牛達に食べさせて牛肉作りをしています。本当の有機農業をしようと思えば、自分の牧場で出た堆肥を使うのが一番と牧草作りから、堆肥や肥料また牛の飼料も自らの手で行っています。

宮崎は「天孫降臨」「海幸彦山幸彦」などの伝説がある神秘的できれいな山や川などの豊かな自然に恵まれた地です。(写真は宮崎県と鹿児島県県境付近に広がる火山群の霧島連山)

自家配合飼料

飼料は、ビールのしぼり粕(大麦)を中心に、とうもろこし、大麦、小麦、大豆粕、きなこ、アルファルファ(ビタミンA)、海草粉末、粉スミ、天然カルシウム等12種類の単味飼料を毎日2時間かけて朝夕2回ブレンドしています。ビール酵母はアルコール発酵前のハラール認証を取得しています。理由は、飼料の中に防腐剤、抗生物質を入れたくないのと、飼料の割合を固定化して脂の味を変えたくないからです。 しもふりの量は牛の能力ですが、肉のおいしさは脂の味です。脂の味は飼料の内容で決まります。しもふりの量はかわっても肉の味は一定にしたいのです。