和牛牧場紹介

京都綾部牧場
(藤本畜産)

京都府北部の足利尊氏の出身地とも言われ、中心地との都とも古くから縁のある土地柄です。絹織物で有名な地域で、豊かな自然が絹の原料である蚕の育成に適していました。また、中央を由良川が流れ、今でも吊り橋が生活道となるなど水が綺麗な地域でもある。牛飼育農家は少ないが藤本畜産は、この地域の先駆的な存在として農産業にも大きく貢献している。

京都の和牛とは

古都である京都は、肉牛の肥育においても先駆的な地域であった。歴史は古く、1310年に 描かれた我が国最古の和牛書「国牛十図」に「丹波牛」として取り上げられています。おいしい水、四季折々の豊かな自然の中で、一頭一頭丹念に匠の技でじっくり育て上げられるのが京都の和牛です。その繊細な味わいと上品な舌ざわりは、まさに美味の贅を極めた逸品です。

京都綾部牛