公正競争規約上の定義

肉専用種で「黒毛和種」「褐毛和種」「日本短角種」「無角和種」の4品種と、この4品種間の交雑種を和牛といいます。中でも「黒毛和種」の飼育数が約9割を占めます。和牛は品種のことで「国産の牛」という意味ではありません。また海外では「外国産牛」も生産されています。現在、食肉流通業界の自主規制と農林水産省の指導により、日本国内で外国産牛が和牛として流通する事は事実上不可能になっています。

希少的価値の和牛

和牛は一般的に高価です。その理由としては、食用になるまでに一般の牛より時間がかかること、飼育方法に手が込んでいること、大量生産が難しいことなどが挙げられます。そして、古来よりの品種を維持するための厳格な管理と審査が行われています。そして何よりその希少性にあります。

0.17% =(和牛)

500,000頭(おおよその日本での年間和牛と畜頭数)

300,000,000頭(おおよその全世界の年間と畜頭数))