牛トレーサビリティ制度の概要

日本で食の安全を脅かす問題をキッカケに畜産業界では、肉牛の生産・流通をさかのぼり安全性を確かめたいという消費者のニーズに応え、「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法(牛肉トレーサビリティ法)」が施行され政府が国産牛肉の生産履歴情報の管理・公開を 義務付けるに至りました。 この「トレーサビリティ」の構築は、データベース化された生産履歴などの情報から、その肉牛がどこで、どのように飼育され、加工されたのかを消費者が 容易に確認できるだけでなく、万が一食品事故などが発生した場合にも製品の回収や原因究明など速やかな対応が可能になるものです。各牛に個別の10桁の個体識別番号が付与されます。付与されます。その番号を使って、その牛肉の「生産履歴」「子牛登記」「と畜検査書」などの情報を確認することが出来るようになっています。